(出張授業)あおむし<2回目>

あおむしさんで2回目の出張授業を行ってきました。

 

小学校6年生までの男の子6名と女の子4名でした。

 

今回は私の提案を子ども達に聞いてもらいたく伺いました。


1.提案


あおむしさんの理念は「制作活動を通じて地域の居場所づくり」です。

 

そのため、施設紹介やイベント用CMをYouTubeで制作することを提案しました。

ダウンロード
【ご提案書】あおむし様_20171214.pdf
PDFファイル 133.9 KB

2.提案説明


子ども達へスライドを使い説明しました。

3.提案内容


未就学児から高学年まで関わってもらいたい!

 

作業を細分化することを伝えました。 

身近なものを利用できることを伝えました。

 

画像であれば、自分で書いた絵、過去の写真、プログラミング作品など。

 

音であれば、自分で歌う、リコーダー、鍵盤ハーモニカなど。

 

現在、勉強している教科書にもヒントがあります。

4.話しあい


YouTubeで一番大事なのはアイデアです。

 

YouTube好きな!子ども達の方が納得感があるようでした。

 

アイデアは私から提供しないことを話しました。

 

YouTube、施設に関しては、子ども達の方が詳しです。

 

なので、私より質が高く、おもしろいアイデアが生まれる考えています。

 

仲間との話し合いは相乗効果となる!

 

有名ユーチューバーのコラボ数と人気上昇を例に話しました。

5.反省


伝えたいことが多く、スライドに詰め込み過ぎました。

 

大人へ説明する感覚で行ってしまいました。

 

終了後、山下先生からアドバイスを頂きました。

 

・結果を先に伝える(混乱させないため)

 

・15分間隔で説明と体験をリズム良く

 

子ども達が興味を持ち、行動に移して貰うことが説明の目的です。

 

私の自己満足とならないよう、工夫していきます。

6.次回内容


実際に動画編集を体験してもらいます。

 

その上で、この提案を進めるか子ども達に決めてもらいます。


”まほうのかけら” をご覧いただきありがとうございます。