(出張授業)まなびねっと<2回目>

学童保育 まなびねっと さんで2回目の出張授業を行ってきました。

 

小学校1年生の男の子と小学校3年生の息子の2名でした。

 

今回はキーボード入力とプログラミング基礎を取り入れました。


授業の流れは以下の通りです。

 

・自己紹介

 

・「プログラミング」のイメージを質問

 

・(デモ1)信号機 + レゴブロック

 

・(デモ2)ゲーム + スクラッチ

 

・キーボード入力

 

・スクラッチ基礎

 

・自由にプログラミング

 

・まとめ

 

 

デモ1、デモ2、まとめは前回と同様です。前回のブログをご覧ください。

 

>>前回授業様子

 

 

1.「プログラミング」のイメージを質問


デモ開始前にイメージを質問をしました。

 

答えは「よくわからない」でした。

 

デモ終了後に同じ質問をしました。

 

答えは「プログラミングってこんなことできるんだ」でした。

 

プログラミングとは ”なに”、”なぜ” を少しは伝えることができたと、ほっとしました。

2.キーボード入力


プログラミング前、まずキーボード入力を体験してもらいました。

 

「なぜ、キーボード入力が必要?」と質問がありました。

 

Youtubeをよく見てるとの話しだったので、動画への文字入力に必要だと答えました。

 

納得してくれましたが、この答えで良かったかどうか・・・

 

私自身は、キーボード入力なんて”あたりまえ” なので戸惑いました・・・

 

「そんなのあたりまえだよ」と返さないようにだけは心掛けてます。

 

でも、子どもは本質を突いてくることが多く答えるのは難しいですよね!

 

 

アルファベットと数字を一通り入力してもらいました。

 

そのあと、見本として、息子がブラインドタッチでアルファベットを入力。

 

その姿を見て「すげぇ~」との声が。

 

私の見本では、この感想は無かったと思います。

 

 

この活動をはじめた理由は、息子に自信を持って貰いたかったから。

 

「キーボード入力は小学校で一番だよ」の私の言葉より「すげぇ~」の方が自信がつく。

 

私が褒めるよりも、心からの「すげぇ~」の方が認められたと感じ、自信にもつながってます。

 

 

満面の笑顔がそれを表していました。

3.スクラッチ基礎


スクラッチプログラミングは”どのように”を体験してもらいました。

 

「10歩動かし」「音をだし」「くりかえす」などプログラミングを行いキャラクターを操作しました。

 

上手くいかなくても、息子のアドバイスを聞きながら試していました。

 

「ああしたい」「これってどうなる」など質問もしてくれました。

 

まだ形になっていないですが、”意図的な失敗”を早いうちから体験しもらうのが理想です。

 

それは、私自身が今も”失敗”が怖いからです。私は反面教師だと思っています。

 

失敗は怖いものでなく、良い意味で”あたりまえ”になって欲しいです。

 

理想論かもしれませんが、失敗を失敗と思わない、成長の源泉として利用してもらいたいです。

4.自由にプログラミング


レゴWEDO  で2人で話しながらプログラミングを行っていました。

 

息子の方が詳しいので、”話し合い” とまではいきませんが、楽しそうでした。

 

格好よく言えば、アクティブラーニングです。

 

子ども同士で話し合い、質問し、問題を見つけ、試行錯誤し答えを出す。

 

そして、行動につなげる。

 

プログラミング出張授業が、そのきっかけになればいいなぁ~と2人の姿を見てると思いました。

 

 

子どもに人気のゲーム マインクラフト でのプログラミング体験に変更したところ、今までで一番楽しそうでした(苦笑)

 

子どもは正直ですね・・・

 

 

5.学童の先生とのお話し


いつもお話しさせて貰い、貴重なアドバイスを頂けます。

 

 

恰好が良く、立派なカリキュラムがあるとします。

 

でも、子どもに伝わらず、考えるきっかけにならなければ大人の自己満足かもとのお話し。

 

ゲームだとしても、子どもの考えるきっかけになるなら成功ではとのお話も「なるほど」と思いました。

 

とはいえ、私はプログラミングの導入部分しかできておらず、継続できるカリキュラム作成は必要です。

 

その作成が今の課題ですが、自己満足とならいないよう気をつけます。

 

プログラミングだけに捉われず、子どもにとって何が大事かを考えます。

 

まずは、”プログラミング + 話し合い” で模索したいです。

6.息子の大きな役割


息子としてではなく、ビジネスパートナーとして接しています。

 

客観的に考えても、私1人よりも授業の質が高まるからです。

 

まずは、私と子ども達の潤滑油になってくれます。

 

キーボード入力、話し合い、教え合いの”先生役”であり、同じ目線の”生徒”でもあります。

 

こんな貴重な人材はなかなかいません。

 

仕事の本質は誰かの困りごとを解決することだと考えます。

 

まず、私のビジネスとしての困りごとを息子が解決してくれます。

 

そして、授業を通してさらに他の方の困りごとが解決するかもしれません。それをしっかりと伝えています。

7.まとめ(子ども先生)


人数が少ない方が、子ども同士の授業が成りたちやすいことを体験できました。

 

 

大人数だと収集がつかず、1人だけだと”話し合い”という貴重な時間が抜け落ちます。

 

2~3人のチームがよさそうです。

 

 

そして、チーム内の”子ども先生”が授業を行う!そして、対価を支払う。

 

対価はお金ではなく、自分の得意なことを教えるなどお返しができれば良いです。

 

私からはお金を対価として支払いたいですが、親御さんに違和感があれば授業料割引という形もありそうです。

 

今回の授業は ”誰が誰にどのように”の仕組みを考えるきっかけとなりました!!

 


”まほうのかけら” をご覧いただきありがとうございます。