(ヒトプロ)ママスキー様<初回>

当日の授業内容です。

 

・インベーダーゲームを対戦に!

 

・アイデア出しからの具現化

 


1.ブラインドタッチ練習


2.アイデア出し


前回の話しあいのアイデアの中に ”対戦ゲーム” とありました。

 

>>前回授業はこちら

 

なので、お客様から「対戦ゲーム開発」との依頼があった!

 

そのようなシチュエーションで子ども達へお仕事を依頼をしました。

 

まずは1人1人で考え、紙に記入してもらいました。

 

2.前回の復習


対戦ゲーム開発前に復習!

 

初回のお仕事依頼をもう一度プログラミング。

 

「なんで同じことするの~!!」とブーイングでした(笑)

 

といいつつも、やりはじめると楽しんで行ってました。

 

前回は手取り足取り教えていた子もサクサク!とプログラミング。

 

プログラミングの考え方に慣れてきたようです。

3.対戦について試行錯誤


復習で作成したプログラミングは

 

(ロケットの機能)

・ミサイルが発射できる

・キーボードで操作できる

・当たり判定がない

 

(敵の機能)

・ミサイルが発射できない

・キーボードで操作できない(自動で動く)

・当たり判定がある

 

対戦とは敵もキーボード操作でき、ロケットへ攻撃できることです。

 

なので、ロケットと敵の各機能をお互いで実装する必要があります。

 

今回はそれに気づいて貰うことを意図としました。

 

他の機能を真似て発想を広げる!

 

働く上で必要なスキルです。

 

プログラミングを通して、それを体験してもらいました。

 

なんとなくロケットのプログラミングを行っていた子もいます。

 

でも、それを敵に実装することで理解も深まったと思います。

 

最後は開発したゲームを2人で楽しんでいました。

 

その際も「もっと速くしよう」「HP機能つけよう」「バグだよね」

 

遊びながらも、いろいろとアイデアを話し合っていました。

 

ロケット以外で対戦ゲームをプログラミングする子もおり

 

あーでもない、こーでもないとワイワイガヤガヤの楽しい時間でした。 

・機能を見抜き真似をする

・アイデア出しからのプログラミング = お仕事体験


関連ブログ