(大学入試)マークシートがなくなる

「大学入試センター試験」がなくなり、2020年から「大学入学共通テスト」にかわります。

 

大きな変更として、マークシートがなくなり、記述式となります。

 

2020年~2023年がマークシートと記述式の併存期間だそうです。

 


日本経済新聞より

 

そして、各大学の二次試験にあたる個別試験で小論文や面接やプレゼンテーションなどでの選抜が増えるそうです。

 

他にもAO(アドミッションズ・オフィス)での選抜も増えそうです。

 

AOとは小論文や面接、高校時代の活動実績で合否を決める試験です。

 

2017年でAO入試、推薦入試は全体の16%です。

 

これを全体の三割に引き上げる方針もあります。

 

東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学は特にAOに力を入れているそうです。

 

特に早稲田大学は「一般入試とAO」の入学者比率を逆転させると公言しています。

 

有名大学がAOに力を入れれば、地方大学にも影響が及びAOが増えると予測されています。

 

暗記型から「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を試されることになります。

 

今の子どもは大変だ~

 

AOに関しては、もう少し調べてブログにアップします。

 

”まほうのかけら” をご覧いただきありがとうございます。