(書籍)すごい会議

faj富山サロン 8月例会  で紹介された「すごい会議」です。

 

会議の進め方、会議のムダ、チームとしての”解決の型”。

 

そして、問題の本質を見つける方法など読み進めるごとに

 

”なるほど~”が増えていきました。

 

サクサクと読めてしまいました。


心に残った言葉を引用


・「会議では90%の時間が単なるコメントの交換」

 

・ 会議では「提案」「リクエスト」「明確化のための質問」以外の発言は99%無駄

 

・問題は「どのようにすれば~」で始まるクイズに書き換える

     

・「 言えない問題」が解決すると、「直面している問題」の7割は、結果として解決されます

感想


99%無駄は衝撃的な数字でした。

 

今までを振り返ると、評論家目線での発言が多いように感じる。

 

それっぽいことを発言すれば、会議を行っている気になってしまう。

 

でも、何のための会議で、何を達成し、どのように解決するかが決まらないと意味がない。

 

しかも、本質を突かないと同じ問題をくりかえすことになります。

 

「すごい会議」から、会議の”ぜい肉”を削いだ型を学べました。

 

すぐに全てを実践できませんが、自分が使えそうなものから試してみます。

 

まずは「どのようにすれば~」は息子に考えてもらう呼び水に使えそうです。

 

そして、少し後ろ向きな自分を前向きにできるフレーズにもなります。

 

習慣化し血肉にしたいです!!

勝手におすすめ


・会議の型を知りたい方

 

・会社、社員を前向きに変えたい方

 

なかなか発言できない方(紙に書いてから発表の有効性)

     

・サクセスストーリーとしての読み物としてもgood!!

 

”まほうのかけら” をご覧いただきありがとうございます。