(ヒトツヨ)あしたねの森様<2回>

 

当日の授業内容です。

 

・自己紹介練習

 

・アイスブレイク 「富山のいいところ」

 

・話しあいテーマ「日常生活の条件分岐」

 


1.自己紹介練習


このテーマについて自己紹介してもらいました。

 

「なに、なぜ、どのように」(5W1H)を意識してもらいます(ビジネスの基礎)

 

自分自身のことを、人前で話す練習にもなります。

・傾聴の特訓(友達の話しを聴く)

・プレゼンの特訓

・自分自身を客観視する特訓

2.富山のいいところ


アイスブレイクとは”話しあいの準備運動”です。

 

 

富山は他県に比べて豊かな県です。

 

自然、衣食住、仕事、治安・・・・

 

それは産業の発展が関係しています。

 

その背景には常願寺川、神通川という暴れ川との闘いがあります。

 

砂防工事を皮切りに富山の製造業が発展したと言われています。

 

そして、豊富な水が電気を産みだし、更なる発展へとつながりました。

 

北陸電力の本社が富山にある理由の1つです。

 

私たちの祖先は、仕事をたくさん産みだしてくれました。そのおかげで今の富山があります。

 

ただ今後は、社会背景が異なります。

 

どの業種もITを掛け合わせることを求められます。

 

プログラミングはアイデアを具現化し、富山を更に豊かにするツールの1つ!

 

それについて、子ども達と話しあいました。

 

準備運動のつもりが、たくさんの意見が出て、話し合いが止まりませんでした。

・話しあい前に緊張をほぐす

・ITと自分達の生活を考える

・話しあいの楽しさを知ってもらう

3.日常生活の条件分岐


プログラミングでは「もし、○○の時、□□ を行う」の条件分岐を行います。

 

プログラミングの基礎の1つです。

 

条件分岐を日常生活に置き換え、付箋紙に書いてもらいました。

付箋紙の1つを例に、プログラミングを紙に書いてもらいました。

 

「もし、宿題が少なかったとき、テンションが上がり」

 

「もし、多かった場合、テンションが下がる」

 

if、elseif、end  は プログラミングの要素です。

・日常も様々な判断を行ってると気付く

・日常を論理的思考で考える

・プログラミングの基礎を学ぶ

4.授業風景



関連ブログ