(子ども先生)IcT飲み会でのプレゼン

 

飲み会でプレゼン!話した内容は

 

・子どもプログラミング活動内容

 

・子ども先生について


1.IcT飲み会とは


飲み会の中でプレゼンを行います。

 

プレゼンする側も聞く側もお酒を呑みながらです!

 

この斬新なイベントで子ども先生について、プレゼンさせて頂きました。

 

主催者は吉田 大介さん、青山 和也さん です。

 

 

2.活動内容紹介


学童保育での出張授業内容や風景を伝えました。

 

先生方が「女の子だからプログラミングは向いてない」と言われてました。

 

ただ、実際に行ってもらうと男の子よりも理解も早く楽しそうでした。

 

このような私にもある大人の変な常識などエピソードをお話ししました。

子ども達が作成したプログラミングなどご披露しました。

 

「お~すごい!」などの声もありました。

 

3.子ども先生


子どもへ教えるのは子ども先生!

 

子ども同士で学びあう形態を目指してると伝えました。

 

教えるというのは最高の復習かつ上手く話す練習ともなります。

 

そして、自部自身が求められてることは自己肯定感にもつながります。

 

子ども同士での話し合いにもつながります。

 

これらは仕事体験ともなります。

 

私にはない価値を子ども達はたくさん持っています。

4.IcT飲み会を通して


皆さんから共感の声をたくさん頂きました。

 

改めて子ども先生との活動を考えなおすきっかけとなりました。

 

方向性は間違ってなさそうです。

 

お酒を呑みながらのプレゼンは初めてでしたが、リラックスしお話しできました。

 

皆さんもお酒が入りテンションが上がってるので反応も上々(笑)

 

貴重な体験となりました。

 

皆さん、ありがとうございます。