(子ども先生)息子と活動をはじめたきっかけ

 

出張プログラミング授業をはじめたきっかけ!

 

・息子の成長のため

 

・でも!実際は私自身の成長


1.息子の成長のため


息子の成長のため、自宅でプログラミングを教えていました。

 

それを学童保育の先生へ自慢してくれました。

 

それが”きっかけ”で学童保育でのプログラミング体験会開催の運びとなりました。

 

2.でも!実際は私自身の成長


 

活動の”きっかけ”は息子からもらいました。

 

そして、他の子にもプログラミングを知ってもらいたい!

 

そう思うようになりました。

 

はじめは、息子へ教えてあげてるとの上から目線でした。

 

 

でも、息子がいなければ、活動にはつながりませんでした。

 

私自身の幅を広げてくれました。

 

こういう人を先生と呼ぶのだと思います。

 

息子から子ども達の間ではやってるゲームのことを教えてもらい、

 

私と子ども達との潤滑油の役目を担ってくれています。

 

少しずつ子ども達へプログラミングも教えてくれています。

 

私が教えるより子ども同士の方が楽しそう!

 

これが広がればよいなと考えるようになりました。

 

これが子ども先生のはじまりです。

 

息子には感謝です。