子ども先生と話しあい


子ども先生

子ども先生が子どもへプログラミングを教えてる写真です。

 

教わる側は、尊敬のまなざしとなります。

 

教える側は、自分自身の成長につながります。

 

子ども同士での授業をアクティブラーニングといいます。

 

弊社は子ども達が主体的になるような授業を心掛けています。

 

大人はあくまで裏方。子ども先生を増やし、子どもだけでの授業を目指しています。



子ども先生どのように?

プログラミングと話しあいを学び、外へチャレンジ!

 

その方法は・・・

 

>>理念と方針

 

注目ブログ


(出張授業)昼活@富山2018603

 

昼活でプログラミング体験会を行いました。

 

大人5名、小学校1年生2名にご参加頂きました。

 

子ども先生2人がプログラミングをサポートしました!


続きを読む

(出張授業)夜活@富山20180514

 

夜活でプログラミング体験会を行いました。

 

大人6名の方にご参加頂きました。

 

子ども先生2人が大人へプログラミングをサポートしました!


続きを読む

(出張授業)まなびねっと<4回目>

学童保育 まなびねっと さんで4回目の出張授業を行ってきました。

 

小学校1年生~3年生の男の子4名と女の子2名でした。

 

あと、子ども先生として小学校5年生の男の子と息子の2名も参加しました。


続きを読む

(出張授業)あおむし<4回目>

あおむしさんで4回目の出張授業を行ってきました。

 

今回は6年生の卒業パーティー!

 

前回作成した子ども達のコマ撮り作品の上映会もありました。


続きを読む

ビジネスの ”たね”


なぜ?プログラミング

小学生プログラマー


ビジネスの ”たね”

まほうの ”かけら”